一般歯科
GENERAL
TOPページへ  »  一般歯科
一般歯科について
歯が痛い・しみる・欠けた
歯肉が痛い・血が出る・
歯がグラグラしている
歯石・歯垢が付いて
気になる
定期検診をしてほしい
詰め物・被せ物が
取れた・欠けた
入れ歯の不具合
入れ歯を新しく作りたい
など、いわゆる一般的な歯科治療全般を、
お子さまからご高齢の方まで幅広く対応致します。
虫歯治療
虫歯治療
虫歯の痛みにもいろいろありますが、初期症状としてはしみるような痛みが出やすいです。それが進行してしまうとしみるのを超えてズキズキと痛みだしたりも。歯の神経に進行してしまうと、夜眠れないほどの痛みが出ることもあります。
さらにそのまま虫歯が進行してしまうと、歯を支えている骨にまで病変が及んでしまい、歯の根元の方で膿みが溜まってしまい、更に強い痛みや腫れが出ることもあります。
当然、初期症状・初期段階の内に治療が出来れば治療も最小限で済みますが、骨の方にまで病変が及んでしまうと、治療は回数もかかり、最悪のケースでは抜歯せざるを得ない状況になることもあります。
虫歯の進行状況
虫歯の進行C0
虫歯細菌による脱灰が始まる。歯磨きや生活習慣の改善で再石灰化が望める。
虫歯の進行C1
表面のエナメル質が溶けて穴があいた状態。痛みなど自覚症状はなし。
虫歯の進行C2
虫歯が象牙質まで進行。痛みを感じたり冷たいものや甘いもの滲みたりします。
虫歯の進行C3
歯髄まで虫歯が進行した状態です。激しい痛みが伴い、歯の根の治療が必要になります。
虫歯の進行C4
歯冠が溶け歯根だけになった状態。歯根に膿がたまり骨髄炎を引き起こすことも。
痛く辛い思いをしないためにも、
治療で時間や回数がかからないようにするためにも
「しみるなぁ」とか「少し様子がおかしいな」と感じられた段階で早めに受診されることをお勧めします。
歯周病治療
歯周病治療
歯周病の症状も様々ですが、初期症状はほとんどの方が無自覚です。自覚される最初の症状として一番多いのは、歯肉(はぐき)からの出血です。歯と歯肉の境目に付着した細菌(歯周病原菌)は毒素を放出し、歯肉 は炎症を起こし、赤くプクッと腫れたり、出血を起こします。この段階で細菌性の炎症物質を取り除く治療ができれば、炎症も消退し、歯周病の進行も抑えられます。
ですが、無自覚のまま放置してしまうと、歯肉だけでなく、歯の根元を覆っている靱帯や歯を支えている骨にまで炎症が及び、強い痛みとともにこれらが破壊されてしまいます。
結果的に歯がグラグラしていき、歯が自然と抜けてしまったり、抜歯せざるを得ない状況にもなります。
歯周病の進行状況
健康な状態
01健康な状態

歯茎が引き締まり、歯と歯茎に隙間がなく健康な状態です。

軽度歯周病
02軽度歯周病

歯茎が赤く腫れ、硬いものを食べたり、歯を磨くと出血する事があります。

中度歯周病
03中度歯周病

炎症が慢性化し骨が溶けはじめます。歯が浮いたような感覚があります。

重度歯周病
04重度歯周病

歯を支えている骨が溶けてしまい、歯根が露出し歯のグラつきがひどくなります。

歯を失う原因は虫歯よりも歯周病の方が多い
なかなか自覚しづらい病気です。虫歯同様に早期発見、初期治療で対処することが重要で、
定期検診で歯周病検査・歯垢歯石除去を受けることがとても大切です。
被せ物・詰め物
虫歯の治療を行ったら(虫歯になってしまったところは物理的に削って取り除く必要があります)、
その欠損部分には人工の材料を詰めたり、被せたりします。
詰め物
詰め物

詰めると表現しているのは比較的小さな部分的な欠損です。少し前までは銀歯の適用になることが多かったのですが、コンポジットレジン(合成樹脂)と呼ばれる歯の色に近い白い材料が日々進化しており、広く適用されます。
接着性も高まり、色の種類も豊富にありますので、コンポジットレジン治療は自然な色あいで1回で治療を終えることが出来ます。

被せ物
被せ物

被せると表現しているのは虫歯が大きく欠損してしまった場合です。冠、クラウンと呼んだりもします。これも今までは、奥歯は大きな銀歯、前歯は銀歯の表に樹脂を貼り付けたものが主な適用でした。
現在はCAD/CAM冠というセラミックと樹脂のハイブリッドの白い材料の適用が広まってきています。一番奥の奥歯には適用されませんが、それより手前の歯に関しては、一部条件が付いてきますが、全て適用されるようになりました。

保険治療でも金属を使わない治療が進化しています
詰め物・被せ物でお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
入れ歯について
入れ歯治療
歯がなくなってしまった場合の治療方法の一つが入れ歯です。入れ歯に関しては、見た目や取り外すという点でネガティブなイメージがあるかと思います。
歯がなくなった場所や本数にもよりますが、どうしても入れ歯にせざるを得ないケースはやはりあります。これも歯の欠損本数が少ない小さな部分入れ歯であれば、違和感も少なく、慣れて直ぐ使って頂けることが多いですが、入れ歯も大きくなればなるほど当然やはり違和感が大きく、総入れ歯のようになると安定して使っていくのは難しいケースも多くあります。

少しでも1本でも多く御自身の歯を残して、入れ歯は最小限の形にするということがとても重要です。そうした小さめの部分入れ歯でも「留め金の金属の金具が目立つのは避けたい」という方には保険外になりますが、ノンクラスプ(金属のバネを用いない)デンチャー(入れ歯)という、見た目も機能も良い入れ歯も作製致します。

訪問歯科診療
訪問歯科診療
身体の不自由や持病のために歯科医院に行きたくても行けない方は多くいらっしゃるかと思います。
当院では保険適用の訪問歯科診療も行っております。治療に必要な機器や材料は持ち運んでお伺い致しますので、通常の外来治療とほぼ同様の治療がご家庭や施設で行えます。ご家族などで思い当たる方がおられれば是非一度、メールかお電話でご相談ください。
〒603-8063
京都府京都市北区上賀茂今井河原町55番
京都府営地下鉄烏丸線 北山駅 徒歩約7分
京都府営地下鉄烏丸線 北大路駅 徒歩約12分

院内横に3台分の駐車場完備

診療時間
9:30-12:30
14:00-19:00
休診日/日曜日・祝日
最終受付は診療終了時刻の30分前
よくあるご質問
設備のご紹介
柏井歯科矯正歯科ブログ一覧
柏井歯科矯正歯科の求人情報

ご予約・お問い合わせはこちら